男性

フリーエンジニアを目指すなら技術力を身に付けること

フリーで生活する

会社

フリーエンジニアを目指す人にとって、期待と共に生活できるのか不安も入り混じることになります。仕事が安定的に入るとは限らないからです。実際に独立してサラリーマン時代よりも稼げる人は半数ほどとのデータもあります。実はこの両者の違いは、仕事に取り組む姿勢と工夫にあります。独立するフリーエンジニアはそもそも、自分の技術力には自信があるものです。意外にもその自信が強いほどに、稼げないものです。一方で常に他の同業者との差別化を考えている人は、かなりの収入を得ています。例えば常に新しい技術を身につけようと工夫しているフリーエンジニアは、様々な仕事に対応しています。

30〜39歳のエンジニアの統計では、サラリーマンの場合年収は440万円から500万円ほどとなっています。一方でフリーエンジニアの年収が400〜1000万円となっており、55%の人が占めています。また、7%以上が1000万円ほどを稼いでいます。けれども半数近くは400万円以下と厳しい状況にあります。限られた案件をフリーエンジニア同士が取り合う形となるので、いかに自分なりの稼ぐスタイルを作るかがポイントとなります。いまは仕事を斡旋する会社も登場しているので、そこに登録して仕事を待つということも可能になっています。また、現役のエンジニアとして活動できる期間はそれほど長くはないのも事実です。独立しても、その後のキャリアチェンジを考えることが必要になってきます。多くの場合、経験を生かしてコンサルタントへの転身を検討しています。そのために管理に関するスキルを身につけることが必要になります。

需要は数多く存在します

パソコン

会社に所属しないフリーエンジニアという働き方があり、多くのメリットがあります。専門求人サイトもあり、大変便利です。このようなサイトに無料登録をすると、求人元との橋渡しをしてくれたり、疑問の解消に力を貸してくれるコンサルタントがついてくれます。制度を利用する工夫をして、効率的に仕事を探しましょう。

Read More

専門分野だけの仕事をする

オフィス

近年では大手の電機メーカー出身のフリーエンジニアが増えています。フリーエンジニアは各企業のプロジェクトごとに採用をされることが多くなっており、専門性を活かした仕事をすることができる特徴があります。

Read More

IT知識を活かした仕事を

複数の男女

所持しているIT技術に自信があるのならば、フリーエンジニアになるのはとても良い選択肢です。そんなフリーエンジニアの仕事をスムーズに行いたいのならば、專門の紹介サービスを活用してみると良いでしょう。素早く条件に合った案件を見つけることができて便利です。

Read More